旅行

門司港のゆるキャラ?バナナマン【愛と正義の使者】

 

いまや至るところで活躍しているご当地キャラ

 

有名どころだと「くまモン」や「ひこにゃん」といった愛くるしい姿で観光に一役買っていますね。

また、京都市交通局では応援キャラクターとして「太秦萌」「松賀咲」といったキャラクターがいます。

いわゆる”萌え絵”で描かれた可愛らしい女の子です。

 

キャラクターたちは可愛さや愛くるしさといった愛嬌をもって描かれていることが多いです。

そんな中、可愛らしさや愛くるさとは程遠いと言っても過言ではない、しかしインパクト抜群なキャラクターが観光に一役買っています。

 

福岡県北九州市 門司港の「バナナマン」です。

門司港レトロ地区、中ほどにある海峡プラザ。

門司港ならではのお土産物、お菓子、雑貨、地元の海産物などのお店の他、レストラン街やオルゴールミュージアム、赤煉瓦ガラス館といったアミューズメントまで。

門司を丸ごと楽しめる場所です。

 

そんな海峡プラザ前に、海を背にして立つ2体の像

バナナマンバナナマンブラックです。

 

門司を愛する気持ちから生まれたバナナマン

生みの親は門司港の老舗干物屋「じじや」社長の秋武政道あきたけまさみちさん

 

秋武さんが若かりし頃。

門司港再開発の視察のため、青年会議所の先輩たちと小樽へと向かいました。

 

当時は寂れていた門司港。

小樽のような…カップルが手を繋いで歩ける街にしたいと街づくりに力を入れるようになりました。

 

そして時が経ち、1999年。

海峡プラザで行われたバナナフェアにて、門司港を盛り上げようとバナナマンが生み出されました

 

バナナフェア?

門司港はバナナの叩き売り発祥の地。

バナナと門司港の歴史を少しご紹介いたします。

-

-

バナナが日本に輸入されたのは明治36年頃、台湾の商人が神戸に持ち込みました。

その後、バナナは大量輸入されるようになり、終戦の4.5年前まで続いていました。

-

当時、台湾は日本の領土でした。

また、門司港は台湾と地理的に近い場所です。

この2つが関係し合い、門司港に大量に荷揚げされるようになりました。

-

バナナの入荷は青いまま。

青いバナナは地下室に保管され蒸されることにより、黄色くなり市場に並びます。

-

しかし、輸送中に蒸れてしまったり、加工中に不良品となってしまったものは市場に並ぶことができません。

そういったバナナをできるだけ早く換金する手段として、口上よろしく客を集め、バナナが売りさばかれました。

これが「バナナの叩き売り」の始まりです。

 

バナナマンプロフィール

ゆるキャラではなく、ローカルヒーロー

愛と正義の使者

むか~し、むか~し、本州と九州を隔てる関門海峡にたくさんのバナナ船がやってきて、門司の港にどっさりバナナを荷揚げしていたそうな。その中に、1本、変なバナナが・・・台湾の港で昼寝していたそのバナナの原人は、間違って輸出されたらしい。目が覚めたそのバナナの原人は、今、愛と正義の使者として・・

バナナマンの秘密基地

性別:男

誕生日:9月5日

星座:乙女座

出現年:1999年

使命:門司港の伝統バナナを知ってもらうこと

ご利益:触るとあるらしい、、?!

まか
商売繁盛……右手指先

合格祈願……頭

家内安全……左腕

健 康………バナナマーク

子 宝………中心部?

恋愛成就……しっぽ?

交通安全……右足

足が速くなる…左足

 

バナナマンの秘密基地にあったか画像を拝借。

それぞれのご利益はこんな感じでしょうか?

注意!お願い事はたくさん欲張るとバナナマンが覚えきらないので一つにした方が良いらしいです

バナナマンの秘密基地https://plaza.rakuten.co.jp/mojikobananaman/

 

顔はとてもリアル。

並んで撮るとまるで2ショットのようです。

 

ブラックバナナマンプロフィール

バナナマン登場後、テレビで取り上げられたことがきっかけで話題となり、一か月で50本もの取材を受けたこともあったそう。

しかし徐々に人々から忘れられ、話題にあがることも少なくなっていました。

 

そこで門司のラジオDJであるTOGGY(トギー)さんが「門司港レトロ地区の起爆剤に」とブラックバナナマンを提案。

コンセプトは”門司港の倉庫で腐って黒くなったチョイ悪オヤジ”

門司港の治安維持と客人のおもてなしが任務

 

まか
さすがチョイ悪オヤジ!(?)

Twitterアカウントもありました!

 

 

なかなかキャラの濃い門司港のキャラクター、もとい、ヒーロー!

今日も門司港でバナナのことを知ってもらうとともに、治安維持に努めています✨

 

門司港には他にも…

じーも

門司港レトロのある北九州市のゆるキャラ

海坊主の末裔であり、平成11年より門司でがんばっています。

普段は関門海峡の中で過ごしています。

 

バナナ姫ルナ

門司港バナナの素晴らしさを伝えるために生まれたバナナの妖精。

2015年に初登場しました。

じーもと手を取り合い、門司区のためにがんばっています!

じーもとバナナ姫ルナの間には知られざる物語もあるとか…

まか
その伝説はコチラから見れます!

 

 

門司港観光ならここもチェック!

 

【北九州銀行レトロライン】

日本一遅いといわれている観光列車です。

門司港駅から門司港レトロ地区を通り、関門人道トンネルへの足となります。

 

【関門海峡人道トンネル】

本州:山口県下関市と九州:福岡県北九州市の間にかかる関門海峡。

急潮流といわれる海峡を歩いて渡ることができます!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おじゃま まか

旅行好きの祖父母に物心つく前から日本中を連れ回された影響で、旅行大好きに! ひとり旅も友だちとの旅行もなにもかも好き。 友だちとの旅行では、行く土地の小さな雑学を仕入れて、旅先でひけらかすのが好き。笑 最近はキャンプにハマってるアラサーちゃん。

-旅行
-,

Copyright © プレふぁぼ|知ればドヤれる情報サイト, 2019-2021 All Rights Reserved