ご当地グルメ

【伊勢うどん】全国グルメ巡り|伊勢神宮グルメ。お伊勢参りのお供はこれ!

 

その土地にご当地グルメとして伝わる食べ物には、その土地の風土や歴史がつまっています。

 

今回は三重県伊勢市、伊勢神宮周辺で親しまれている「伊勢うどん」について紹介していきます。

 

 

「一生に一度はお伊勢参り」と言われたほど、江戸時代に爆発的に流行した伊勢神宮参拝。

 

当時の人口約3000万人に対し、約500万人の人が訪れたという記録も残っているそうです。

驚きの数字です。

 

そこで全国から訪れた人を温かくおもてなししたのが「伊勢うどん」でした。

 

 

【伊勢うどん 簡単にいうと…】

 

  • 伊勢のご当地グルメ
  • 柔らかく太い麺
  • ツユではなく、タレにからめて食べる

 

 

【伊勢うどんってどんなうどん?】

 

柔らかく太い麺に、たまり醤油のタレを   からめて食べるうどん

 

どんな麺?

 

お表面はふわふわと柔らかく、中はモチモチの太さのある麺です。

 

太さは直径1センチを超えるのではないだろうか、という太さです。

(名古屋名物のきしめんも結構太いですよね。それよりも太さあります。)

 

かなり柔らかく、コシはありません。

独特の柔らかさを出すために、1時間近くも茹でるそうです。

 

このコシの無い食感はもしかしたら苦手な方もいるかもですが、“うどん”だと思うからだと筆者は思います。

“伊勢うどん”という、そういう食感の食べ物だ、と思って食べてください。

 

 

どんなタレ?

 

たまり醤油を使った濃褐色のタレです。

 

たまり醤油独特のコクに、昆布や鰹節といった御出汁のしみ込んだ風味豊かなタレです。

 

見た目は黒に近い色で、とても濃いので味も濃いように感じますが、いざ食べてみると意外にあっさりしています。

 

 

メモ

〔たまり醤油とは??〕

愛知・岐阜・三重の東海三県で生産される醤油

 

基本的な醤油は、大豆と小麦が50%ずつで作られていますが、たまり醤油はほぼ100%大豆で作られています。

仕込みに使う水分量もかなり少なく、この差がトロリとしたコクを生んでいます。

 

たまり醤油の始まりは、東海地方ならではの味噌「豆みそ」をつくる過程でにじみ出た液体だけを取り出したものが始まりといわれています。

 

豆味噌って?味噌について詳しくはこちら→→→【味噌のヒミツ】地域性の出る食べ物No.1?!

 

 

伊勢うどんのトッピングは?

 

基本のトッピングは、ねぎだけです。

 

きつねや天ぷら、とろろなどお店によってさまざまなトッピングのついたうどんが販売されていますので基本を楽しんだ方はぜひお試しください。

 

 

【伊勢うどんの歴史】

 

伊勢うどん協議会によると、この独特なうどんが誕生したのは今から400年以上前。

文献によると、江戸時代初期、内宮の鳥居前町で浦田町橋本屋七代目の小倉小浜が伊勢神宮に向かう参拝客にうどんを出したとあります、元来、この地の農民が食べていたうどんをすぐに参拝客に提供できるように、麺は常に茹で続け、必要量を釜揚げしていたため、太くてコシのない伊勢うどんができたそうです。

 

麺を常に茹で続けなければならないほど、お伊勢参りの方が多かったのですね…

 

また、江戸時代は電車も飛行機もない時代。

そんな時代に伊勢に参る人はきっととてつもない長旅を乗り越えてきたことでしょう。

(google mapで東京駅から伊勢神宮を調べると、愛知からフェリーに乗って3日と半日と出ます。フェリー無しを調べてもmapには出ず…今よりも道も整備されていなかった時代なので、一週間はかかったのではないでしょうか)

 

長旅を乗り越えてきた参拝客はきっとお疲れ。

そんな疲れたカラダに柔らかな麺は胃腸に優しいエネルギー源でもあったといわれています。

 

 

タレも東海地方ならではのたまり醤油。

これも作られていた味噌(豆味噌)から出たこの地ならではのものです。

 

 

【おまけ】

 

閻魔さまから叱られるほどの味?!

 

江戸時代に大人気だった“豆腐六(どぶろく)”と呼ばれるうどん屋。

ここのうどんは「生きているうちに食わなければ、死んで閻魔に叱られる」と言われるほど、美味しかったそうです。

 

江戸時代はインターネットもなく、評判はすべて口コミだけ。

お伊勢参りに訪れた人がまた別の人に美味しさを伝える。

 

伝えたくなるほどのお味だったということですね!

 

 

【おわりに】

 

伊勢うどんは、離乳食の赤ちゃんからお年寄りまで、誰もが美味しく食べることができる食べ物といわれています。

 

離乳食の赤ちゃんに関して筆者は体験したことはありませんが、80歳近い祖父母と食べたとき、のどにつまる心配もなく祖父母は伊勢うどんを楽しんでいました。

 

祖母がいうには、「太くてしっかりしているから、うどんと違ってツルツルと進んでいかない」だそうです。

 

ふわふわと柔らかかったですが、その後はかなりおなかにたまりました…

 

 

全国ご当地グルメでは、他のご当地グルメに関しても紹介しています。

合わせてご覧ください☺

 

合わせて読みたい
【坊ちゃん団子】全国グルメ巡り|愛媛の定番土産。夏目漱石ゆかりの味

  愛媛県の王道土産、「坊ちゃん団子」 新しいお土産がどんどん誕生していく中で、“昔ながら”の王道お土産です。 愛媛県全域のお菓子というよりは、道後温泉のある松山市のお土産というイメージがあ ...

続きを見る

合わせて読みたい
【味噌煮込みうどん】全国ご当地グルメ巡り|名古屋名物B級グルメ

全国にはたくさんのご当地グルメがあります。   愛知県のご当地グルメといえば…ソウルフードともいわれている【味噌煮込みうどん】ですね。 味噌煮込みうどんは「農村漁村の郷土料理百選」(農林水産 ...

続きを見る

合わせて読みたい
【もみじまんじゅう】広島の定番土産

広島土産といえば…? もみじ饅頭ですね! もみじの形をした可愛らしいお饅頭。 でも、なんでもみじの形なんでしょう? 今回はそんなもみじ饅頭にスポットを当ててみます!   【なぜ“もみじ”の形 ...

続きを見る

合わせて読みたい
【めはりずし】全国ご当地グルメめぐり

  今回は和歌山県に伝わる郷土料理「めはりずし」というお料理のご紹介です。   【めはりずしってどんな料理?】 和歌山県と三重県にまたがる紀州・熊野エリア。そこに古くから伝わる料理 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おじゃま まか

旅行好きの祖父母に物心つく前から日本中を連れ回された影響で、旅行大好きに! ひとり旅も友だちとの旅行もなにもかも好き。 友だちとの旅行では、行く土地の小さな雑学を仕入れて、旅先でひけらかすのが好き。笑 最近はキャンプにハマってるアラサーちゃん。

-ご当地グルメ
-, , ,

Copyright © プレふぁぼ|知ればドヤれる情報サイト, 2019-2020 All Rights Reserved